体の症状に気づいたらうつ病のおそれも

不眠症に気づいたらうつ病かもしれない

うつ病のきっかけとして「疲れ、不眠」が一つの要因とされています。

 

しかし、普段の生活の中で”平凡”な暮らしをしている人なら、まず「疲れ、不眠」という一つの症状は起こらないのかもしれません。

 

過度なストレス、不安を毎日のように感じることで起こりやすくなります。
すると、徐々にたまり、うつ病が発症しやすくなります。

 

しかし、問題ないのが本人自身が心身の変化に気づかずに、そのまま改善を図らずに、放置してしまうことです。

 

 

放置することで、うつ病が進行し、どんどん悪化してしまいます。
最終的には”自殺”という最終手段まで進んでしまう恐れがあるために、まずは自己チェックをすることが重要になります。

 

 

普段とは異なる、ストレスや不安を感じた場合は、とくに身体症状が現れるケースが多いです。
その中で最も多いのが「睡眠障害」です。

 

1日、2日の不眠は誰でも経験はあると思いますが、睡眠障害の場合は1〜2週間、連続で続くことを言います。すると、脳の神経に乱れが起こり、マイナス思考なことばかりを考えてしまい、症状が悪化し、うつ病に進行してしまいます。

 

不眠症街のほか、疲労感や倦怠感、息切れなど、様々な症状が現れます。

 

身体的な症状があった場合は、内科や心療内科を受信して、ひとまず身体的な病気の有夢をチェックすることを。

 

そこで異常がなければ精神的な問題を疑い、精神科の受診を

 

 

 

ページの上へ