セロトニンやノルアドレナリン

ノルアドレナリンとセロトニンについて

どうしてうつ病になってしまうのだろうか?今まではこんなにも辛いような不安にかられるようなことを考えることはなかったのにと精神的に辛くなる人もいます。

 

うつ病を一言で言えば心のエネルギーが低下してしまう病気です。どうしてこのようなことが起こるかというと、脳内の情報を伝えるセロトニンやノルアドレナリンといった神経伝達物質が深く関わっているからです。

 

この2つの物質は10代で増加すると言われ、そこからじょじょに低下し、30〜40代で半分以下になることがわかっています。

 

つまり、セロトニンやノルアドレナリンの量が多ければうつ病や不安障害、不眠症になりにくく、少なくなれば精神的な病気が起こりやすくなるということになります。

 

ただし、こうした神経伝達物質やあるいはそれぞれを受け取る受容体に問題があるという切は、はっきりとしたことはまだわかっておらず、あくまでも仮設です。

 

もう一つの仮説として、脳内の扁桃体のストレスホルモンが過剰になると、意欲の低下や硬度の低下などを招き、うつ病を引き起こすという切も流れています。

 

ストレスを受けない人はいないとも呼ばれていますが、普段から自分の思っていることとは違うようなことが起こり、過剰に受け取ることで、精神のバランスが崩れてしまい、うつ病につながってしまいます。

 

ある程度はうつ病患者の普段の意識でも改善に繋がるとされていますが、症状によってはSSRIなどの専用の薬に頼らざる得なくなります。この判断については、精神科の医師に相談をすることが重要になります。

 

 

 

ページの上へ