利用されているのがSSRI

抗うつ薬「SSRI、SNRI、NNSA」

うつ病治療の第一選択は、薬物療法で、これは昔も今も変わりません。

 

休養と並行して行われるのが一般的で、薬物療法では、脳の神経に働きかけて、精神状態や行動を改善させます。

 

意欲の低下、不安など、うつ症状、それから不眠などの症状を取り招くことを目的とし使われます。

 

症状により、病名が異なるために、抗うつ薬の薬を決めるのではなく、症状の度合いによりそれぞれ異なります。ですので、同じ病名でも、症状によって使う薬が違うことは良くありません。

 

薬物療法の中心となるのが、抗うつ薬、最も古くからからあるものが三環形抗うつ薬で1950年に発売、そのあと、四環系抗うつ薬が開発されました。

 

最近では、SSRIやSNRI、NSSAなど、新しいタイプの抗うつ薬が登場したいます。

 

これら5種類の薬は、作用する症状は聞き方が違うので、利用する人の体質や症状に合わせて利用すること、最近の主流は第一選択がSSRIとなっています。

 

抗うつ薬の利用は、少しずつ量を増やして、副作用の様子や効き目を探りながら、症状の改善を見るまで、時には最大量まで服用するようにしています。

 

他のページでも話しているように、最初は副作用が起きやすく、次第に治まり、効果が高まります。約2〜3週間ぐらいで効果がみられるとされています。

 

 

ページの上へ