どうしてSSRI副作用が起きるのか?

ssriの副作用

第三環系抗うつ薬や第四系は副作用が強いため、現在処方している病院は少ないとされています。それに比較して、SSRIは副作用が少ないとされていますが、それでも多少は症状が出るために、服用する前は理解をしたうえで、利用することが大切です。

 

特に、使用の初期段階(1〜2週間)に現れる副作用として、
不安、神経過敏、気分校長、眠気、不眠、頭痛、めまい、口の渇き、無気力
などが起こるとされています。

 

この副作用の原因として、SSRIの抗うつ薬を服用することでセロトニン再取り込み作用を抑制し、セロトニンの量が増えることで、体内に一時的な異変がおきます。

 

急激にセロトニンが上昇するために、体内のいたる部分に普段とは違った症状が起こり、これが副作用となります。

 

しかし、継続して抗うつ薬を服用することで、身体もなれてくるために、自然に消滅する症状が多いとされています。

 

それから、SSRIの服用を急に中断したり、容量を急激に下げると、同じような副作用が発症しやすくなります。これもまた同じような要因で、急にセロトニンの容量が変化することで、体内に異変が起こるために、副作用が起こるとされているために、中断する場合は、SSRIの抗うつ薬の用量を徐々に下げていくことが重要になります。

 

 

ページの上へ