SSRI選択的セロトニン再取り込み阻害薬

SSRI「効果が強く、副作用が少ない」

やる気や意欲を向上し、うつ病や不安障害、不眠症を改善してくれる抗うつ薬。この抗うつ薬にも種類があり、第三環系抗うつ薬、第四系抗うつ薬、SSRI、SNRI、NaSSAなど。

 

そのなかで、選択的セロトニン再取り込み阻害薬に作用するのがSSRIになります。

 

SSRIの特徴としては、効果が高く、副作用が少ない所で、世界的にも、日本国内でも処方されている抗うつ薬の一つです。

 

1999年に成分フルボキサミンのプロザック、2000年に入りパロキセチンであるパキシル、2006年にセルトラリン配合のジェイゾロフトが発売されています。世界的に最新作のSSRIがエスシタロプラム配合のレクサプになります。

 

そもそも、やる気や意欲の低下が起こることで、うつ病などが発生します。これは、脳内セロトニン神経の関係が密接にかかわり、うつ病では、セロトニン神経の神経終末であるシナプスの感激でのセロトニン量が少ないため、セロトニンの神経伝達が低下していると考えられています。

 

そのために、うつ病や不安症が、それから不眠症が起こりやすくなります。

 

そこで、抗うつ薬であるSSRIを服用します。

 

SSRIの効果として、選択的セロトニン再取り込み阻害薬としての役割を行い、この作用により、シナプスの神経にあるセロトニンスポーターを抑制します。すると、次第にセロトニンの量が増え、やる気や意欲が向上し、うつ病や不安障害、不眠症の改善につながります。

 

特に、抗うつ薬の中で、6割を占めているのがSSRIのパキシルで、これは効果が強く、なおかつ副作用が少ないからです。このように、効果だけでなく、副作用の面を見るのも必要になります。

 

 

ページの上へ