症状が次第に悪化

うつ病かもしれないと気づいたら

なんだかいつもと違う精神的な部分、やる気や意欲があるために、人生においてい生きがいを感じるはずなのに、心の病気なのか?どんどん陰気な気分となり、何をするにも気持ちが上がってこない・・・

 

もしかしたらこれがうつ病のサインかも知れない。少しでも感じたら精神科の門をたたくのが一番になるはずです。
わけもなく体が苦しくなり、気分が落ち込み、眠れない、食欲が無いけど、なんとかなるだろうと根拠もなくそのままにしていると、どんどんと悪化してしまう恐れがあります。

 

徐々に不安が押し寄せて、何をするにも自信がわいてこなくなります。すると、生きていく意味がわからなくなり、死んだほうがマシじゃないのかと考えてしまう恐れもあります。

 

鬱病の症状は実に様々であり、多様な症状に加え、不安障害など、よく似た症状を示す他、病気も有りますので、自分では判断ができないことがあります。

 

一つの判断材料としては、不眠症が長く二週間以上続いている場合は、精神的な部分や体の疲労がどんどんと悪化してしまうおそれがあるために、専門医に相談をすることがうつ病を和らげる一番の手段です。

 

それまでは普通に経験していたことが、治るどころが症状が悪化していることすらも気づかない患者もいますので、まずは自分で改善をしようとせずに、病院の力を借りることが大切になると思います。

 

 

ページの上へ